トップ/エコジョーズ             


エコジョーズは、単純に排熱を利用しているだけではありません。排気ガス中の水蒸気が水になるときに発生する熱(=潜熱)を回収することで高い熱効率を実現しています。このシステムを潜熱回収(コンデンシング)と言います。
では、このように合理的な潜熱回収(コンデンシング)が、なぜ今まで無かったのでしょうか。

それは、高熱の水蒸気が機器内にとどまると、熱交換器が腐食しやすいため、従来型は熱交換器の耐久性を考慮して、潜熱を回収せずに排気ガスをそのまま放出していたのでした。


エコジョーズは耐腐食性に優れた素材の二次熱交換器を搭載することにより、排気ガス中の潜熱を回収。95%という高い熱効率を達成し、省エネルギー化、ランニングコストの低減、そして地球温暖化に影響があるCO2の排出量も年間約14%も削減しています。

CO2の排出量を14%も削減するということは、エコジョーズ1台で年間120KgものCO2排出量を削減できる計算です。
これはバスが約8日間、アイドリングしたCO2排出量と一緒です。
また、100世帯入居のマンションが1年間エコジョーズを使えば新幹線が、東京〜岡山往復時のCO2排出量を削減。 さらに、1万世帯ならジャンボジェットが地球約2周した際に排出されるCO2量が削減できます。
地球温暖化はなぜ起きる?

通常、地球の気温は、大気の層のバランスによってほぼ一定に保たれていますが、CO2を含む温室効果ガスの濃度が高まると、太陽からの直射や、地表面から放射する熱の一部が大気中に吸収さらたまま放出されにくくなり、気温が上昇してしまいます。
これが地球温暖化と呼ばれる現象で、海面上昇や異常気象、生態系破壊などの引き金として問題となっています。温暖化の進行を止めるには、CO2の排出量を1990年以下のレベルまで減らすことが必要とされています。